いとしさと寂しさと引越しと

『いとしさと寂しさと引越しと』へようこそ

引越しとダンボール

どのような場合でも引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。



スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、ダンボールは無料で手に入ります。そうなるとサイズが揃わなくなります。



移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが一定していない場合は積み重ねるとき配慮が必要です。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。

引っ越し作業が全て終わり、玄関の明かりをつけたとき、「これからはここが自分の家だ」と思わずにいられませんでした。その日の夜は気も大きくなっていて、特別なごちそうとして宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。





まだ残っている片付けもがんばります。

事前にできる引っ越し準備の一つとして新居へ運ぶ荷物の選択をしていくと、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。たくさん出てしまう引っ越し時の粗大ゴミ、これらは普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、自治体に処分方法を聞いてその通りに処分します。







粗大ごみを「そのうち捨てよう」と溜めておくと邪魔だし、一気に運ぶのは大変ですから、段取りよく処分していきましょう。どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。





その後、今度は転入する市区町村の役所に行って、転入届を出さなくてはなりません。転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入先での手続きができないことにも気をつけた方が良いです。







税金や社会保険などの根拠になりますので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額はかなり異なってきます。

どうしても春先は、学校や職場が変わるため引っ越しが増えます。そのため業者が見積もる値段も高めになります。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。

そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。手間を惜しまなければ、引っ越しの総合案内サイトや業者のサイトで、数々の業者が無料見積もりサービスを行っています。

多くの業者から見積もりを集めて、引っ越し費用の削減を目指しましょう。





色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。

ところで自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、会社にもよるのですが、梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。そういったシステムなら時間をとる梱包作業は業者にしてもらうことを、おすすめします。

業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても梱包作業をした業者がその責任をとり被害があった荷物の弁償に至る場合もありえます。



ご自分の車がある方は、引っ越しのとき自動車も住所変更を行うことになりますが、そのときナンバープレートも変更になるかと疑問に思うでしょう。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならば同じナンバープレートを使えますが、管轄する陸運局が変わればナンバープレートも変更されるというのが決まりです。今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえ知らなくて済んでいるのがおかしいと思わなくなっています。



とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、何かあったときに助け合うくらいのつながりがあった方が良いでしょう。良好な関係を作り出す手始めとしては、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともにお隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。



荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水を使えるようにしておくことは相当重要だと考えてください。水はいつ頃使えるようになっていると丁度いいかとなると、引っ越し日前の忙しい時期は避けちょっと念入りに、だいたい、転居してくる約一週間前には水が出るようになっているなら、一番良いです。







人や家により、引っ越し作業の規模は違ってきます。







例えば全部の作業を業者に頼むことにすると、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。なので、単身での引っ越しを予定しているのなら、お一人用の引っ越しサービスがありますから、それを利用するのが良いです。





こうするだけでも、引っ越しのコストをかなり抑えることができますし、得した分は、新居で始める生活に残しておくと良いでしょう。

TOPPAGE  TOP 
サイトマップ